エアコンクリーニング 大阪

エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 大阪 トップページ > エコ洗剤とは > 塩酸

塩酸

本来は塩化水素酸と呼ぶべきものだが、歴史的な経緯から酸素を含む酸と同じように、塩酸と呼ばれている。
塩酸の内、「濃塩酸」として市販されるものは、塩化水素の37質量% = 12 mol dm−3水溶液が一般的である。
40質量%を越える溶液も調製可能だが、塩化水素の揮発が早く(蒸気圧が高く)、保管・使用に際して温度や圧力などに特別の注意を要する。
また、滴定用や医薬品として濃度調製された製品も販売されている。
試薬として販売されている塩酸(約35%、特級や一級など)を適度に希釈した(薄めた)塩酸という意味で、通常「希塩酸」として流通している。
常温常圧下で、濃度が約25%以上の塩酸には、発煙性がある。
日本では毒物及び劇物取締法により塩化水素原体および10%を超える製剤が劇物に指定されている。

ページのトップへ戻る