エアコンクリーニング 大阪

エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 大阪 トップページ > 作業エリア > 守口市

当店から守口市中心部までは約20㎞ 約1時間20分程度かかります。
ご注文は総額¥15,000以上でお願いいたします。

守口市

地名の由来として、豊臣秀吉による大坂城築城に伴う「まもり口」が転じて「守口」となったとするのは俗言である。昭和38年発刊の守口市史(本文編第1巻)によれば室町期には既に下仁和寺庄森口/守口村と2つの表記が存在しており、初期は前者の表記が多く見られる。同書は守口周辺から生駒山地(特に飯盛山)へ広がっていた原生林の入り口の意から生じた「森口」が、石山本願寺/大坂城との関係で軍事的意味の「守口」に変化したと結論している。ちなみに、大坂城築城に伴って設けられた京街道のまもり口は「関目の七曲」(現:大阪市城東区)がよく知られている。 守口大根、守口漬という大根や漬物があるが、それらは現在の守口の名物ではなく、愛知県(名古屋市など)で作られている。しかし、守口大根という名前は、江戸時代、河内国守口(現在の大阪府守口市)附近で栽培されていたことからきている。長さ1メートル以上にもなる特殊な大根が守口大根の前身とされている。天正13年(1585年)、豊臣秀吉が守口に休息した際、その風味を賞讃し、土地の名前を取って守口大根と命名されたと言われている。最近では市が、守口大根をご当地の名産品として育てるべく、市内農家と連携協力している。 「守口」の地名が出てくる資料は、来迎寺(1372年)創建の「来迎寺縁記」が初出である。 江戸時代には京街道の宿場となる(守口宿)。 沿革 1946年(昭和21年)11月1日 - 北河内郡守口町・三郷町が合併して発足。大阪府下第11番目の市。 1957年(昭和32年)4月1日 - 北河内郡庭窪町を編入。 門真市との合併協議2005年に隣接する門真市と合併することを協議し、新名称は「守口門真市」に決定したが、2004年 9月に行われた住民投票で合併反対派が全体の約87%を占め、事実上合併は消滅した。この住民投票の投票率は約51%だった(投票率50%以上で開票、有効。門真市は投票率50%に満たず、開票されなかった)。
ページのトップへ戻る