エアコンクリーニング 大阪

エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 大阪 トップページ > 作業エリア > 交野市

当店から交野市中心部までは約25㎞ 約1時間30分程度かかります。
ご注文は総額¥15,000以上でお願いいたします。

交野市

大阪府の北東に位置する。市の面積の半分を山林が占め、中央を南北に天野川が流れる。近年、JR東西線、第二京阪道路の開通による電車・自動車両面での交通利便性の向上と、自然環境の良さから人口が増加。
河川 : 天野川(あまのがわ)
山 : 交野山(こうのさん)
磐船街道
東高野街道
神宮寺遺跡 市内の東北部、神宮寺にある縄文時代の住居跡遺跡。
この遺跡から出土した特徴的な押型文土器は、神宮寺式土器と呼ばれ、近畿地方を中心に各地の遺跡で同様の土器が出土している。
交野が原 平安時代、交野市北部から枚方市にかけての丘陵地は「交野が原」と呼ばれ、皇室の遊猟地で桜の名所であった。
星田、天野川、八丁三所伝説、七夕伝説など星にまつわる地名・伝説が多い。
徳川家康が信長の死を知って、明智光秀方からの追討を逃れるために、滞在していた堺から本拠の三河に戻る途中に、一時交野の星田に潜伏したとの言い伝えがある。
市立妙見坂小学校敷地内の竹やぶに「家康ひそみの藪」という石碑が設立され近隣農民が応対したという文言があるが、近年は宅地開発が進み、一帯の竹やぶは切り払われている。
史実でも「堺から山城・近江・伊賀の山中を通って……」となっているため、星田を経由した可能性はある。
なお、交野市星田に今でも伝わる平井家(当時の星田の里正〔村の長〕平井三郎右衛門清貞宅)には、家康伝来の品が保管されている。
ページのトップへ戻る