エアコンクリーニング 大阪

エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 大阪 トップページ > 作業エリア > 橿原市

当店から橿原市中心部までは約15㎞ 約40分程度かかります。

橿原市

橿原市(かしはらし)は、奈良県中部の市である。総人口約125,000人と奈良市に次ぐ県下第二の都市でもある。
市名は神武天皇が磐余(いわれ)の地において磯城の首長の兄磯城(えしき)を破り、饒速日命も天津瑞を献じて仕えることとなり、神武天皇即位紀元辛酉の年の春正月の庚辰の朔日に畝傍山東南「橿原の宮」に即位し建国したことに由来する。
市章(シンボルマーク)の金鵄は、神武天皇の弓の弭に止まって光り輝き、長髄彦の兵を追い払った鳶から意匠された。
奈良盆地の南東部に位置し、市域のほとんどは平坦地であるが、畝傍山・天香具山・耳成山の大和三山が優美な姿を見せる。
神武東征の際、大和には多くの国津神がいて、神武天皇の大和入りに歯向かったが、片居(かたい)または片立(かたたち)で破り、大軍が満(いわ)みていたので、改めて磐余(いわれ)と名付けた。
また、古代の大和国高市郡遊部(あそべ)郷・久米(くめ)郷・雲梯(うなて)郷、十市郡神戸(かむと)郷の地であり、大和三山(畝傍山・耳成山・天香久山)は、古来から神聖な山として畏れ敬われてきた。
大化改新前代に置かれていた宮廷直轄領である六御県(むつのみあがた)は、倭六県(やまとのむつのあがた)ともいい、天皇に献上するための蔬菜を栽培する菜園の霊を祀り、添(そふ)・山辺(やまのべ)・磯城(しき)・十市(といち)・高市(たけち)・葛城(かつらぎ)の6つの県(あがた)は、特別視された。
市内には、2つの御県神社が存在している。
天香山神社・国常立神社・高龗神社・天岩戸神社・畝尾都多本神社・畝尾坐健土安神社・高市御縣神社・十市御縣坐神社・久米御縣神社・河俣神社(高市御縣坐鴨事代主神社)・畝火山口坐神社・天太玉命神社・宗我坐宗我都比古神社など数多くの名神大社や延喜式内社が鎮座する。
飛鳥時代には、「八木村付曽武橋当世八木村に俗にそむぼう乃橋というあり。
聖徳太子斑鳩の宮より筋違道(太子道)を経て、曽武々の橋をわたり、八木の里を過ぎて、橘の宮に通い給いしなり」(玉林抄)とあり、聖徳太子は舎人調使麻呂と愛馬「甲斐の黒駒」を伴って曽武(蘇武)井で休憩されたと伝えられている。
694年に日本最初の都城である藤原京が造営され、都が平城京に移転するまで16年存続した。
戦国時代には今井町が一向宗の布教拠点として環濠城塞都市化し、織田信長軍と闘ったが武装解除されたものの検断権を許されて自治都市として発展し、『海の堺・陸の今井』と称された。
幕末から神武天皇建国の地として注目され、畝傍陵が造営され、また明治期には官幣大社・橿原神宮も創建された。
高度経済成長期には大阪市や京都市、奈良市などのベッドタウンとして人口流入が続いた。
ページのトップへ戻る