エアコンクリーニング 大阪

エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 大阪 トップページ >日記 >出流原弁天池

出流原弁天池

昔々、下野の国、佐野の人々は旗川の水を使って田畑を耕していた。
ところが、ある年のこと、佐野では日照りが続き、春から夏にかけて全く雨が降らなかった。
田畑の土は白く固まり、耕すことも種を蒔くことも出来ない。このままでは飢え死にする者も出かねないため、村人たちは、村長(むらおさ)の家に集まって相談した。
話し合いの末、村人たちは出流原(いずるはら)の磯山で雨乞いをすることにした。村人は、太鼓を打ち鳴らし、火を焚いて雨乞いするが、なかなか雨は降らない。
そこで神様によく見えるようにと、やぐらを組んで、その上に願い文(ねがいぶみ)を結んだ竹竿を立てた。こうして、三日三晩祈り続けたものの、やはり空には雲一つ現れない。
村人があきらめかけた頃、空の彼方から霧のようなものが現れ、やぐらに近づいてきた。
その霧は、やがて人影となり、竹竿に結びつけた願い文を取ると、それを近くの林に投げ込み、自身もその林の中に消えた。
不思議に思った村人が、人影の消えた林の中に入ると、そこには白い着物を着た老人が立っている。
老人は、自分を力の限り打てば、お前たちの願いは叶うと言う。これを見た村人は、震え上がってしまい、老人を打つことなどできない。
ところが、ここに一人の気丈な若者が出てきて、「すまねえ!!」と言いながら老人を棒で打った。
すると、どうだろう。不思議なことに、若者が老人を打つと、老人は地面に埋まってしまった。
そしてその地面からは、勢いよく水が噴き出したのだ。「あの老人は、神様じゃったのか?」
この出流原の湧き水は、やがて池となって、出流原弁天池と呼ばれるようになった。そしてこの池は、どんな日照りでも涸れることなく、村人たちは池に感謝したそうだ。
ページのトップへ戻る