エアコンクリーニング 大阪

エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 大阪 トップページ >日記 >お花地蔵

お花地蔵

昔、ある村にお春婆さんと孫で七歳になるお花という女の子が住んでいました。
お春婆さんは、よその家の野良仕事を手伝ったり針仕事をして暮らしを立てていました。畑仕事をしている間は、
お花は村の男の子を相手に棒っきれ遊び(チャンバラ)をしていました。お花が三歳の時に両親がなくなり、お春婆さんはとても悲しみましたが、お花が元気にすくすく育っていくのが楽しみでした。
やがて秋になり、村は稲刈りで大忙しとなりお春婆さんもあちこちの家の手伝いで大忙しでした。
お花はあいかわらず棒っきれ遊びに夢中でしたが、ある時「もう棒っきれ遊びはやめて、ばっちゃの手伝いをするだ」と言いました。お春婆さんは、お花のこんな言葉に心から嬉しく思って、涙がぽろりと落ちました。
ところがその冬、村で百日咳がはやり、村の子供たちはみんなひどいセキをして苦しみました。
お花もこの百日咳にかかり、苦しみながらあっけなく死んでしまいました。お春婆さんは、突然の悲しみに何日も何日も仏壇の前に座ったまま動こうとしませんでした。
お春婆さんは、幼くして死んだお花が極楽への道も分からずあの世で両親にも会えず迷っているいるかもしれないと思い、石のお地蔵さんを彫りはじめました。
来る日も来る日も彫り続け、春になった頃にようやくお花にそっくりの小さなお地蔵様が完成しました。
この小さなお地蔵様は、「お花地蔵」と呼ばれるようになり、お花の好きだった炒り米をお供えすれば、子供の百日咳が良くなるといわれるようになりました。
ページのトップへ戻る