エアコンクリーニング 大阪

エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 大阪 トップページ >日記 >欲ばり喜伊

欲ばり喜伊

ある村に、たいそう大金持ちでたいそう欲の深い金貸し業の喜伊(きい)という男がいた。
裕福そうな旅人が「水が欲しい」というので、喜伊はめずらしく文句も言わず水を与えた。おいしい水のお礼にと、旅人は大金を払った。旅人は「金は腐るほど持っている。なぜなら、金を増やす方法を知っているから」と言う。
それを聞いた喜伊は何とか頼みこんで、旅人から金が増える方法を教えてもらった。その方法とは、林の中にある祠(ほこら)にお金をお供えすると、翌日に倍になっている、との事だった。
疑心暗鬼だった喜伊は、ためしに少額のお金をその祠にお供えしてみた。翌日、祠の前にはちゃんと供えた金額の倍になっていた。
欲を出した喜伊は、有り金を全部その祠にお供えした。翌日、ドキドキしながら確認しに行くと、お供えした全財産はきちんと倍に増えていた。
喜んだ喜伊は、夜中にこっそりと大金を自宅に持ち帰った。寝る前にもう一度お金を拝もうとして、金のはいった袋を開けてみると、なんと全て石に変わっていた。
全財産が石コロになってしまった喜伊は、夜更けにいとわず旅人の豪邸に駆け付けたが、その豪邸は影も形もなくなっていた。
ページのトップへ戻る