エアコンクリーニング 大阪

エアコンクリーニングでは絶対に追加料金なし!
エアコンクリーニング 大阪 トップページ >日記 >貧乏神と小判

貧乏神と小判

昔、ある所に貧乏な百姓夫婦がおりました。
ある寒い冬の日、突然、屋根を突き破って男が落ちてきました。自分は貧乏神だ、住みにくいから出て行く、といいます。
しかし夫婦は「外は寒いからせめて明日の朝」とか言って引きとめようとします。「温まるから」と雑炊を食べさせようとしたり。貧乏神は「その人の良さがイヤなんだ!!」と怒って出て行きした。
しかし出て行くときに、「今夜の四つ時(22時)頃、街道の一本松の下に行ってみろ」と言い残しました。「神様の言うことだから」と、それに従って行って見ると、馬が大量のクソをたれるだけでした。
そのあまりの量にビックリして逃げ出してしまいましたが、「肥やしになる」と気付き、馬糞を拾っていると、なんと馬糞は小判になりました。
馬がたれたクソは一里半も続き、これら全てが小判に変わり、夫婦が朝までかかっても拾いきれないほどだったそうです。
ページのトップへ戻る